記事一覧

ワイヤーハーネスと総務の役割と仕事

2017年03月31日

運営・経営

 ワイヤーハーネスを製造している企業は中小零細企業が多く、総務専任の担当が存在していないことも珍しくありません。ここでは一般的に総務の仕事がどのようなものか整理して紹介します。  総務の仕事は守備範囲が広く、仕事相手も社内外問わず多岐に渡り、社内のすべての人たちと仕事をします。このため、総務担当者にもっともたいせつな資質は、経歴や立場に関係なく誰とでも分け隔てなく向き合える人間性です。 ……

ワイヤーハーネスと管理職育成

2017年03月31日

運営・経営

会社組織においては、新人育成と同時に、管理職に適した人材を育成する必要があります。ここでは、管理職を育成するための方法を考えていきましょう。 ■管理職育成のためのポイント  管理職を育成するためには、やはり研修が必要になります。部下を持つ管理職、幹部候補者を研修する場合は、多岐にわたるテーマがあります。管理職というのは、全体を管理・監督する者を差し、役職としては課長、部長などの階級を設け、……

ワイヤーハーネスと新入社員向け基礎能力育成

2017年03月31日

運営・経営

新入社員の場合には、まず基礎能力を育成する必要があります。ここでは、新入社員の基礎能力を育成するための新入社員研修についてご紹介しましょう。 なお、新入社員研修を自分の会社の人事担当で行わないで、最近は外部の業者に委託するケースも増加傾向にありますが、外部の業者に委託する場合でも、テーマや目的に関しては社内の人事担当が積極的に加わり、決定しましょう。 ■新入社員研修の目的 新入社員研修と……

ワイヤーハーネスと採用募集活動

2017年03月31日

運営・経営

ワイヤーハーネスの製造をおこなっている企業は中小・零細企業も多く、中小企業の一般的な問題である人材の獲得に苦労している傾向があります。この問題の根源の1つに、適正な採用募集活動がおこなわれていないことがあげられます。適正な採用募集活動をおこなうために、募集の流れや採用面接のコツなど、採用募集活動の流れやスケジュールについてご紹介します。 ■採用募集活動の流れ 採用募集活動の流れとし……

ワイヤーハーネスと人材育成トレーニング

2017年03月31日

運営・経営

ここでは具体的なトレーニング方法について考えていきましょう。 ■OJTとOff-JT 従業員の代表的な育成方法としては、OJTとOff-JTがあります。 OJT(On the Job Training)とは、職場内研修というトレーニングを業務を通して行うものです。先輩従業員や上司が、仕事を遂行するために必要な能力を、普段の仕事を通して計画的にマスターさせるために行います。実際の仕事の……

ワイヤーハーネスと人員配置

2017年03月31日

運営・経営

ここでは人事の仕事にあたる人員配置についご紹介します。人員配置とは自社の組織が高い生産性を発揮するために最適な人員構成・人員数を考え、実際に構築することです。 ■個々の地位や仕事に適した人材を配置する 技術革新やビジネス環境の変化などで、業務に要求される適性や役職者に要求される要件も変わってきます。適材適所を行うためには、仕事と人材のマッチングが必要になります。 このためには、人材の……

ワイヤーハーネスと人事評価制度

2017年03月31日

運営・経営

どのように人事評価をすべきか、人事担当者にとっては非常に頭を悩ませる部分ではないでしょうか。人事評価制度は、評価を人事制度の枠組みによって行って、評価した結果を報酬などに反映させるものです。 ワイヤーハーネスを製造する企業は中小・零細企業が多く、人事評価制度が曖昧なことも珍しくありません。人事評価制度をしっかりと構築すれば、評価や報酬の決定がルール化されるため評価方法や報酬決定に関して毎年悩む必……

ワイヤーハーネスと人事の役割・仕事

2017年03月31日

運営・経営

ワイヤーハーネスの製造をしている企業はその多くが中小・零細企業です。大企業となるほど人事部があり人事の役割が認識され機能していますが、中小・零細企業では人事の役割に対する理解が不十分な傾向があり十分に機能していません。人事の目的は、経営資源の最大のものである人材を、必要な人数を必要な時に確保して、最大限に活かせるようにすることです。経営の資源は「ヒト」、「モノ」、「カネ」そして情報と言われています……

ワイヤーハーネスと中途採用

2017年03月31日

運営・経営

ここでは、中途採用の方法とポイントについてご紹介しましょう。 ■ 要求する人材像を明確する 中途採用の場合は、計画的な新卒採用の場合と違って、ほとんどの場合は、欠員が生じたり、業務を拡げるために人員の補充をしたりするなど、緊急な状況もありますが、基本的には経験や知識、技能などを重要視した即戦力の人材を採用するのが目的です。募集する場合には、明確に要求するスキルを伝えることが必要です。 ……

ワイヤーハーネスとRoHS規制

2017年03月31日

加工・検査・技術

EUのRoHS指令は電子・電気機器における特定有害物質の使用を制限している指令です。ワイヤーハーネスは電子・電気機器の構成部品に該当します。RoHSの正式名称は「the restriction of the use of certain hazardous substances in electrical and electronic equipment」です。 RoHS指令の対象である電気……