ワイヤーハーネスの引張試験工程

2017年03月31日

加工・検査・技術

 ワイヤーハーネスの製造における検査工程は導通検査、引張試験、外観検査工程に分類されます。そのうち引張試験工程ではワイヤーハーネス圧着部の物理的な強度(かしめ強度)が適正かどうか検査します。ワイヤーハーネスの圧着部を引っ張り、規定値の力に耐えうるか確認します。引張試験工程では引張試験機を用いてかしめ強度を検査します。かしめ強度の単位はN(ニュートン)が主流です。

 ワイヤーハーネスの電線部と圧着部を専用の固定治具に固定し、レバーを引いて引張ります。引っ張る力が規定値に至るまでレバーを引き、規定値においてワイヤーハーネスに変形や損傷がなければ検査に合格です。変形や損傷がある場合は圧着状態が適切でないか、そもそも選定している部材の組み合わせが規定の強度に耐えることができない可能性があります。

 引張試験は引張試験機を用いた手作業が主流です。